2017年1月10日

Ctrl+Dでログアウトしないようにするには?

BashはCtrl+Dキーが押されるとログアウトします。BoWを使っている場合、うっかりCtrl+Dを押してしまうとBoWのウィンドウが閉じて終了してしまいます。これを禁止するには、次のコマンドを実行します。

$ export IGNOREEOF=1

毎回コマンドを実行するのが面倒な場合は、~/.bashrcファイルの末尾に書いておくとよいでしょう。

環境変数IGNOREEOFに数値を指定すると、その回数だけCtrl+Dが無視されます。「IGNOREEOF=1」では、1度だけCtrl+Dを押すと、次のようなメッセージが表示されます。


もう一度Ctrl+Dを押すとログアウトします。

0 件のコメント:

コメントを投稿